新宿周辺で利用できる貸事務所の人気ランキングなび

トップ > 新宿周辺で利用できる貸事務所 > 貸事務所の選び方と契約期間について

貸事務所の選び方と契約期間について

事務所を借りる際には、賃貸契約をする必要がありますが貸事務所の契約をする機会はそう頻繁にあることではなく、いざ借りる際には賃貸契約の書類に目を通すのも面倒で、見てもわからないと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし契約書をしっかりと見ておかないと、入居後や退居時に不動産屋とトラブルになってしまう可能性があります。
賃貸契約の内容は、物件や不動産屋によって異なるので必ずその都度目を通すようにしなくてはなりません。
契約期間は一般的にオフィスの場合には二年となっていることが多いです。
二年が過ぎればそのタイミングで契約を更新するのか退居するのかを決めることになります。
もちろん一般的にということであり、中にはもっと短期間の契約期間や長期間というケースもあります。


契約した際には期間内は借りているつもりで契約するのは当然のことですが、何らかの事情から途中で解約しなくてはならなくなるケースもあるということを頭に置いておくようにしましょう。
中途解約は可能ですが、その際には予告期間までの賃料は支払わなくてはなりません。
それだけではなく、解約する二ヶ月から三ヶ月前までには知らせておく必要があります。
事務所を借りるとなれば、気になるのは必要となる料金ではないでしょうか。
敷金礼金や毎月支払わなくてはならない料金は、事務所の広さや立地条件によって違いがあるのは当然のことです。
しかしその際には、不動産屋による違いがあるということも考えておかなくてはなりません。
交渉次第で値下げしてもらえることも多いので、相談しておく価値は十分あります。


入居はお金さえあれば必ずできるというものではなく、入居審査は必ず行われることになります。
契約したい物件があって、審査に通らないのではないかと心配になっても嘘はつかないようにしましょう。
嘘をつくとすぐにバレてしまうというだけではなく、嘘をついたことによって信頼が失われるので尚更借りることができなくなってしまいます。
どれくらいの期間借りたいのかということをしっかりと考えておき、契約期間はよくチェックしておくようにしましょう。
期間が終わっても、契約を更新することができるのが当然と考えている人も多いですが中には契約更新ができない物件もあります。
物件を選ぶ際には、信頼できる不動産屋を選んでおくことも忘れてはいけません。
トラブルにならないためにも信頼できる不動産屋を選びましょう。

次の記事へ